重機の価格は意外と高い

サイトマップ

重機の価格は意外と高い

ここ最近、東京は数年後に行われる東京オリンピックに向けての建設ラッシュとなっていますが、そういうところで大活躍するのが重機と呼ばれる建設機械車両です。

重機には非常にコンパクトなユンボから長い鉄骨などを吊り下げるクレーン車、荒れ地を整地するブルドーザーなどいろいろなものがありますが、いつも思うのがもっと大事に扱ってもいいと思うのです。

街中を走っているこういった車を見てみると、泥だらけだったり、錆びだらけだったりしていて、あまりにもかわいそうな気がするのです。

扱っている方がラフな方が多いのでそうなるのもわかりますがもしその車の金額を知ったら少しは扱いが変わってくるかもしれません。

小さな住宅を建てるときに使う小さなユンボでも300万円ぐらい、鉄骨のビルを建てるときに使う大型クレーン車などは何と2500万円以上もするものがあるのです。

2500万円といえばフェラーリやランボルギーニ、ポルシェなど新車で簡単に変えてしまう金額です。

その車を汚れたら汚れっぱなし、どこかぶつけてへこんでもそのままというのはちょっと信じられません。

重機は乗用車とは価値観が全く違うものですが、もしその重機を自分で買って使っていると思えばきっともう少しは扱いが良くなるのではないでしょうか。

「トラックの高価買取はタイミングが重要」について

トラックをはじめとする大型貨物自動車も、普通乗用車と同様に売買されています。しかし用途に応じて種類が違うため売却の難易度は高めです。どうすれば高価買取してもらえるのでしょうか?

Copyright © トラックの高価買取はタイミングが重要. All rights reserved