ホコリを防ぐ散水車

サイトマップ

ホコリを防ぐ散水車

道路に水を撒く作業者のことを散水車といいます。

この車の現在の主な役割は道路に水をまいて道路をきれいにすることですが、最近ではあまり見かけなくなりましたが、粉じんが舞い上がることを防止するために使われたこともありました。

今でこそ舗装率80%を超えているのですが、戦後から1960年代くらいまでは、幹線道路などでも未舗装路が一般的でした。

いわゆる砂利道という状態になっており、その上をたくさんの車が走ることによって路面にあった粉じんなどが舞い散って周りの環境に悪い影響を与えていたのです。

それを防ぐために水をまいて夫人が舞い上がらないようにしたのです。

この作業は季節問わず行われていたのですが、アスファルトによる舗装が進んだおかげであまり必要なくなったというわけです。

しかし、ここ最近またこれと同じ用途で使われ始めました。その原因となっているのが中国から飛来するPM2.5などの粒子状物質です。

特に西日本では毎日危険とも思われる量のPM2.5が舞い降りており、それが路面などにたまり、車によっておこされた走行風によって舞い上がるのです。

そこで今散水車の出番で、水で洗い流すのと同時に舞い上がるのを防いでいるのです。

「トラックの高価買取はタイミングが重要」について

トラックをはじめとする大型貨物自動車も、普通乗用車と同様に売買されています。しかし用途に応じて種類が違うため売却の難易度は高めです。どうすれば高価買取してもらえるのでしょうか?

Copyright © トラックの高価買取はタイミングが重要. All rights reserved