できれば会いたくないパトカー

サイトマップ

できれば会いたくないパトカー

車を運転しているものにとって一番嫌な車と言ったら警察車両ではないでしょうか。特にパトカーは天敵に近いものがあります。

パトカーといってもいろいろな種類があります。

管轄の警察署が警邏に使う一般的にパトカーや取り締まりには使わない雑務的な使われ方をするパトカー、交通機動隊用のパトカー、隠密操作を行うときに使う刑事用の覆面パトカーなど用途によって分けられているのです。

中でも一番腹が立つ・・・いや、一番会いたくないパトカーといえば交通機動隊や高速隊の覆面パトカーで、普通の車を装っていつの間にか後ろにピッタリついているのですから、はっきり言って白バイよりうっとおしいです。

最近ではナンバーも88ナンバーではないものが多いですし、ドアミラーやルームミラーも二段式になっていないものが多くなっているので、ルームミラーなどで後ろの走っている車が覆面なのか普通の車なのかわかりにくくなっているのが更に困りものです。

特に高速隊のものはもともとハイパワーエンジンを搭載するスポーツモデルや大型セダンなどを使っていて、更にチューニングされていることも多いので、これも厄介です。

とにかく気持ちよく走っているときは前方を注意するのはもちろんのこと、後ろについて同じスピードで走っている乗用車にも注意を向けたいものです。

ちなみに同じ警察車両でもコンパクトカーや軽自動車、ワンボックスカーなどの場合はスピードを計測する機器が搭載されていないことがほとんどなので、スピード違反の検挙はありません。

「トラックの高価買取はタイミングが重要」について

トラックをはじめとする大型貨物自動車も、普通乗用車と同様に売買されています。しかし用途に応じて種類が違うため売却の難易度は高めです。どうすれば高価買取してもらえるのでしょうか?

Copyright © トラックの高価買取はタイミングが重要. All rights reserved