マイクロバスがアツい

サイトマップ

マイクロバスがアツい

バスといえば、路線バスや観光バスなどに使われる、一般的に大型バスと呼ばれる車を思い浮かべますが、最近あちらこちらにマイクロバスクラスの小さなバス車両を使った路線バスをよく見かけるようになりました。

東京など大都市の大きな駅などでは、比較的乗降客が少ない路線にこのマイクロバス型路線バスを用いることもありますが、もっと身近なものといえば、通称コミュニティバスといわれる狭い地域を走る路線バスです。

ほとんどのものが区とか市、町などの自治体によって運営されており、都バスや市バス、一般企業が運営している路線バスより細かい道を巡って走っているものとなっています。

これには高齢化によって足となる交通手段を確保しようという狙いがあるのですが、何も高齢者用のものではなく、だれもが利用できるものです。

運賃も一般的な路線バスよりも安く、気軽に乗ることができます。

何よりも大型バスでは入りにくい路地でも入ってこられることが大きなメリットで、時にはこんなところまで路線バスが入ってくるのか、と驚くこともあります。

問題は本数と路線の少なさ、こればっかりは路線バスを専門としている企業などと同じというわけにはいきません。

自治体の運営となると税金を使って運営されているわけですから用意するマイクロバスも、バス停留所に置く看板などもたくさん用意するわけにはいきません。

一番お金のかかるドライバーの人件費も限りがあるのです。

しかし、路線バスの停留所まで距離があるところに住んでいる高齢者にはとても好評ですので、こういったところにはどんどん税金を使ってほしいと思います。

「トラックの高価買取はタイミングが重要」について

トラックをはじめとする大型貨物自動車も、普通乗用車と同様に売買されています。しかし用途に応じて種類が違うため売却の難易度は高めです。どうすれば高価買取してもらえるのでしょうか?

Copyright © トラックの高価買取はタイミングが重要. All rights reserved