高いところなら高所作業車のお任せ

サイトマップ

高いところなら高所作業車のお任せ

新しい家に引っ越してきて、その土地のケーブルテレビや光ファイバーを用いたインターネットサービスに加入すると数日後の高所作業車に乗って作業員が訪ねてきます。

高所作業車は、その名の通り、通常では届かないところでの作業を行うときに使う車で、1畳から4畳半程度の広さを持つフラットな作業台を上下させることができる車のことを言います。

電気工事や電話工事、それらの保守点検、街路樹の整備などに使われ、人が作業台に乗って、車両につけられているの作業パネルを操作している姿をよく見かけることがあります。

この車には構造的に2つのものがあって、よく見返るのがブーム式と呼ばれるものです。

ブーム式は簡単にいえばクレーン車のブームの先に作業台を備えたもので、ブームを上げたり、伸ばしたりして高いところまで作業員を運びます。

もう一つは、垂直昇降式というもので、ブーム式が視点を持つブームの動きに合わせて動くのに対して、荷台につけられた作業台が垂直に上下するようになっているものです。

垂直昇降式はブームのような長い稼働部がなく、最低でもアウトリガーが出せるだけの範囲があれば作業が可能ということで路地での作業などスペースの確保が難しい場合に使われます。

高層ビルなどの大規模な建設作業には室内型の高所作業車というものもあり、自走できないものからEV仕様になっているものもあります。

作業の内容に合わせてに人間が数人乗ることができる工事車両と荷物だけを持ち上げるものがあり、平均的に500kg程度の人間や荷物を載せることができるものが多く販売されています。

「トラックの高価買取はタイミングが重要」について

トラックをはじめとする大型貨物自動車も、普通乗用車と同様に売買されています。しかし用途に応じて種類が違うため売却の難易度は高めです。どうすれば高価買取してもらえるのでしょうか?

Copyright © トラックの高価買取はタイミングが重要. All rights reserved