トラック,高価買取

サイトマップ

高価買取にはタイミングが重要

日本の経済の1つの形とし存在する株式ですが、株は安い時に買って高い時に売るのというのがセオリーとなっています。実は車においてもそれと同じようなことが言えると思います。

車の場合は、株価のように毎日変動するものではありませんが、自分の車を1円でも高く買い取ってもらうためには、相場が高い時を逃す手はありません。

車の価値というものは、車の種類や年式、走行距離、車の状態などによって決まるものですが、それに加えて需要が多くなる時期によっても大きく左右されます
それはおもちゃのようにクリスマス前に高くなるというような季節的なものではありません。

一番高く売れるときはその車が新発売された直後です。

ちょっとこれはあまり現実的ではありませんが、実際のところこのタイミングしか驚くような高い価格で売ることはできないのです。

後はこれといって高く売れる時期というものはありませんが、逆に安くなる時期というものはあります。いうなればこの安くなる時期を外せば、比較的高い買取額になるという事です。

車が安く買い取られる時期というのは、期待されていた車がフルモデルチェンジした時です。

特に大人気車種がフルモデルチェンジするとその車を手にしようとして、今乗っている同類の車を下取りに出したり買取店で買い取ったりするようになるので、同じ名前の車や同じような使い道の車の中古車台数が非常に増えるのです。

株と同じように売りが多ければ価値も下がるという事と同じで、車自体の価値は下がり、それによって買取額も非常に渋いものとなるのです。

当然ながら、その車が車検直前や車検切れ、修理が必要な車の場合は、もっと価値が下がります。

なかなか難しいトラックの買取

日本の産業を支える車と言えば大型トレーラーやトラック、ダンプなどといわれる大型貨物自動車です。

大型トラックも一般的に乗られる乗用車と同じように売買が行われていますが、乗用車のように比較的簡単に取引できるものではありません。

道路を走っている大型トラックには、平ボディやパネル、ユニック付、ダンプなどいろいろなものが走っていますが、よく見てみると荷台の部分は違いますが運転席のあるキャビンは、同じようなものを使っていることに気が付きます。

実は大型トラックというのは、乗用車と違って、車体が完成している状態で売られるのではなく、ベースとなっている状態のものを購入し、ユーザーの使い道にあわせた状態に改造して販売されるものが多いのです。

キャビンは全く同じでも、コンテナ用の荷台をつけたり、砂利運搬用の荷台をつけたり、なんでも載せられるようにと平ボディにしたりと1台のモデルでいろいろな種類のものが存在するのです。

中には特注でオリジナルの荷台を作って載せるものもあり、千差万別な車であるということが言えます。

このような大型トラックなどを一般的な買取業者にもっていっても断られるのがオチです。なぜならば、大型トラックの様ないろいろなパターンのあるものには査定の基準がないのです。

従って、大型トラックなどを買い取ってもらうためには、専門的な大型トラックの知識のある大型車専門の買取業者でないと買い取ってもらえません。

最近では大手買取チェーン店でも買取をしていますが、利益が出るのかでないのか分からない大型車を買取ることはあまり積極的ではありません。

トラック 買取

「トラックの高価買取はタイミングが重要」について

トラックをはじめとする大型貨物自動車も、普通乗用車と同様に売買されています。しかし用途に応じて種類が違うため売却の難易度は高めです。どうすれば高価買取してもらえるのでしょうか?

Copyright © トラックの高価買取はタイミングが重要. All rights reserved